カンパニー

SHARING ONE VISION ~思いはひとつ~

WHAT’S Le Beausset

チーム監督/代表取締役 坪松 唯夫

私たち株式会社ル・ボーセモータースポーツは、“自動車を使った競走=モータースポーツ”を戦う技術集団です。世界選手権であるF1を頂点とするモータースポーツ界にあって、そんな私たちが目指すのは“世界に通用する若き才能の育成”に他なりません。 2003年に前身である有限会社ル・ボーセから、組織変更によって独立し誕生したル・ボーセモータースポーツは、フォーミュラカーレースのエントリーカテゴリーであるスーパーFJ、F4はもちろんのこと、F3へのステップアップカテゴリーであったフォーミュラトヨタにおいても幾多のチャンピオンドライバーたちを育て上げるなど、揺るぎないトップチームとして、まさにカテゴリーの中心的な役割を果たして来ました。このように“原石たる若手ドライバーの育成”、“上級カテゴリーへの若き才能の輩出”という、決してぶれることのないメインテーマに突き動かされた私たちの活動は、スーパーFJ、F4、FCJ、そして全日本F3選手権といったエントリー~ミドルフォーミュラカテゴリーにおいて今現在も続けられ、2008年からはF3世界一決定戦であるマカオGPへのチャレンジを開始するなど、よりグローバルなフィールドへと拡大し、2011年には国内最高峰の全日本選手権フォーミュラ・ニッポンへの参戦を開始しました。
もちろん、文字通り生き馬の目を抜くモータースポーツの激戦の中にあっては、ライバルたちとの競争は非常に厳しいものであり、決して簡単な道のりではありません。しかし、今や世界的なモータースポーツの潮流は、普通自動車免許取得前の14~15歳というこれまで以上に若い世代からの“才能溢れる原石の発掘”にシフトしてきているだけに、私たちル・ボーセモータースポーツも立ち止まることは許されません。コンマ1秒を争うがゆえのしっかりとした技術、優れたドライバーマネージメントなど、若手育成のために幅広い分野で常により高いレベルを目指し、レーシングチームとして求められる“勝てる体制”を目指して日々努力をしているのです。

また、私たちはチームが本拠地を置く、栃木県さらに茂木町との関係を深め、チーム名称をTOCHIGI Le Beausset Motorsports(とちぎル・ボーセモータースポーツ)としてレースに参戦することとなりました。栃木のPRをモータースポーツ活動を通じて行い、地域経済の活性化へ貢献すると同時に、地域の人々に夢と感動を与えることを目指し、モータースポーツ活動を行って参ります。

活動理念

  • モータースポーツ活動を通じて、人々に夢や感動を与えます。
  • 入門クラスへの活動を通じて、国内外で活躍する次世代若手ドライバーの育成を行います。
  • モータースポーツ活動を通じて、未来のモビリティ社会への研究に貢献し、安全と環境に配慮した
    クルマ社会の実現を目指します。
  • 安全運転の講習・啓蒙活動を実施し、より安心安全なクルマ社会の実現に貢献します。
  • 地域に密着した活動を通じて、活気溢れる街づくりの一助となることを目指し、
    地域経済の活性化に貢献します。
COMPANY DATA
COMPANY DATA
商 号 株式会社ル・ボーセモータースポーツ
代 表 坪松唯夫
創 業 平成14年11月
資本金 300万円
所在地 〒321-3563 栃木県芳賀郡茂木町林930-30
TEL 0285-64-1962
FAX 0285-63-2762
■主要事業内容
モータースポーツイベントへの参戦及び企画、運営
レーシングチームの企画、運営
レーシングカーの組立て及び製造
レーシングカーの整備及び販売
レーシングパーツの開発及び製作、販売
レーシンググッツの販売
サーキット走行会の企画、運営
レーシングドライバーマネージメント
トヨタテクノクラフト販売代理店業
損害保険代理店業
■主な取引先
トヨタ自動車株式会社
株式会社デンソー
トヨタテクノクラフト株式会社
株式会社モビリティランド
ニッサン・モータースポーツインターナショナル株式会社
株式会社ルマン

■取引銀行
足利銀行/常陽銀行/三井住友銀行