S_FJ

ドライバー

今年は2年連続チャンピオンチームである、ル・ボーセモータースポーツからアカデミーの一員として参戦する事ができ、とても嬉しく思っております。 昨年まではレーシングカートのRotaxMaxシリーズに参戦しており、カート最後の年をレース人生で一番良い成績で締めくくる事ができた一年でした。フォーミュラ初となる2014年シーズンは、カートで磨き上げた勢いのある攻めの走りでシリーズチャンピオンを取り印象に残るドライバーをめざして今年一年を全力で戦います。特に混戦時のバトルに自信がありスタート直後やファイナルラップでの争いには誰にも負けません。そしてこの一年最高のチームでレースができる事を誇りに思い、毎レースを大切に学び、どんなに不利な状況でも必ず前に出る精神で戦っていきますので、応援よろしくお願いします。
62  車名 ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC
生年月日 1995.6.5
出身地 群馬県
身長/ 体重 172cm/58kg
血液型

血液型 RH+B

主な戦績
2005年

東日本Jr第1戦 コマー60フレッシュマン 優勝

2006年

ハルナカップSOJr.クラス シリーズ 3位

2008年 ROTAX  MAXJr.ハルナシリーズ 4位
全日本Jr.カート選手権参戦第2戦 3位
2009年 地方カート選手権FS125参戦
2011年 ROTAX MAXシニアハルナシリーズ 3位
2012年

ROTAX MAXシニアハルナシリーズ チャンピオン
7戦6勝ロータックスJAPANシリーズ5位

2013年 ROTAX MAXシニアハルナシリーズ チャンピオン
7戦7勝 ハルナシリーズ10連勝
もてぎカートレース第4戦 MAXシニア 優勝
NTC カップ第6戦 MAXシニア 優勝
ル•ボーセフォーミュラアカデミー受講
    武村和希 今年は最高の環境でレースに参戦できることをとてもうれしく思います。 昨年までル・ボーセフォーミュラアカデミーで練習を積み、念願のS-FJにステップアップすることができました。新しいマシンでのレースで不安もありますが、自分の実力を試す事ができるので、とても楽しみです。今年1年間のレースの中で基礎を固め、走りについて考え、チャレンジして自分の力を付けて誰にも負けることの無いドライバーになることを目標にしたいと思います。
    速さだけでなく、見ている人を惹きつけ楽しませることのできるレースをしたいと思っています。全6戦を全て優勝しチャンピオンになり更にステップアップする事の出来る様に日々努力していきます。応援をよろしくお願いします。
    63  車名 ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC
    生年月日

    1996.1.19

    出身地 千葉県
    身長/ 体重 178cm/62kg 
    血液型 RH+B
    主な戦績
    2007年 アップルスポーツカートレース参戦
    2008年 アップルスプリント シリーズチャンピオン。
    2009年 新東京サーキット チャレンジカップSクラスに参戦。
    2010年 新東京サーキット NTC-CUP Sクラスに参戦
    2012年 ル・ボーセフォーミュラアカデミー受講。
    ツインリンクもてぎ K-TAIチャレンジクラス 3位
    ツインリンクもてぎRKFスーパーカートクラス 6位
    2013年 ル・ボーセフォーミュラアカデミー受講。
    ツインリンクもてぎ K-TAIチャレンジクラス 5位
    ツインリンクもてぎRKFスーパーカートクラス 優勝

    マシン

    東京R&D RD10V S-FJことスーパーFJは、30年以上の歴史を誇るエントリーフォーミュラ、FJ1600のコンセプトを受け継ぎ、2007年からスタートした。エンジンはホンダ・フィットに搭載される1500cc、直列4気筒のL15Aのワンメイクで、最大出力は120馬力と決してパワフルではないが、シャシーとドライバーと合わせての重量が500kgを切るほどの超軽量であるため、運動特性は極めて優れている。
    小振りながらも備えられる前後のウィングは調整が可能で、ダウンフォースとはいかなるものか学ぶことができる。また、レース専用のミッションはギヤ比の変更も可能。サスペンションも含めて自由なセッティングが許され、学べる要素が多いため、クルマの症状をどのように感じ、言葉としてメカニックやエンジニアに伝えるかという、レーシングドライバーにとって欠くことのできない、コミュニケーション能力を養うことができる。
    低コストでの参戦が可能なだけにレース数をこなせる上、舞台はスーパーフォーミュラやF3など、上級カテゴリーが使用するのと同じ主要国内サーキットとあって、実戦を戦いながら非常に濃い密度で、フォーミュラカーレースに必要な経験を数多く積むことができる。

    Engine

    型式 HONDA L15A
    タイプ 水冷直列4気筒SOHC
    最大出力 120馬力
    総排気量 1,500cc
    チューナー ハナシマレーシング